初診の方へ

初めて診察を受ける方へ

初診時と月初めの来院時には必ず健康保険証、マイナンバーカード、各種医療受給証をお持ちください。
再診時からは診察券もお持ちください。

COMMITMENT 当院のこだわり

人と人との関係を大切にするため、患者さまの話をしっかりとお聞きします

父が昭和33年(1958年)10月19日に開業してから、地域に根付き幅広く医療を提供し続けています。「人と人」の関係を築くため、思いやりを持ってしっかりと話を伺いながら、患者さまの笑顔のために診療します。

  • 医師を目指した理由

    父の仕事を見て育ったため、自然に医師になろうと決めていました。

    私が子どもの頃は、診察室が自宅のリビングとドア1枚で隔てられただけだったため、父が行ったり来たりしている姿を見ながら成長しました。そして「将来は自分も同じ道に進むんだ」と考えていました。ですから、医師になったのは自然の成り行きだったと思います。父が処置をしている様子を遠くから眺めるなど、医師の仕事に興味があったことも理由の一つです。

    医師となった現在では、患者さまの症状が改善し、笑顔を見せてくれることがやりがいへとつながっています。

  • 診療の際に心がけていること

    人と人とのおつきあい、ということを忘れずに診療しています

    医師と患者さまという関係も、人間同士のおつきあいに変わりないですから、しっかりと話を伺い、その方に合わせて分かりやすく説明することを心がけています。

    また、スタッフは患者さまに優しく話しかけるアットホームな者ばかりです。不安や疑問など、どのようなことでも話していただきやすいかと思います。

  • 先代から継承したこと

    人と人とのおつきあい、ということを忘れずに診療しています

    1958年に父がこの地で開業した頃は、近隣に医療機関がなかったため、さまざまな症状の患者さまが来院していました。ですから、内科・皮膚科・耳鼻咽喉科・消化器内科など幅広く診療することになりました。

    私が継承するにあたっても、掛かりつけとして通ってくださる患者さまのため、いろんな病気の勉強をして総合的な医療の提供を目指しました。

  • 新しく導入したこと

    検査機器・治療機器を新しく導入し、提供する医療の幅を広げました

    父から継承した後は、経鼻内視鏡検査機器(胃カメラ)や骨粗しょう症検査機器、水圧でマッサージを行うウォーターベッドなどを導入し、提供できる治療の幅を広げました。また、以前から導入していた機器も新しいものに変えています。

    スタッフはお互いが知識を高め合っていますし、私も新しい治療法や薬の勉強を続け、情報を更新して患者さまに還元できるように努めていきます。

TEL お問い合わせ